ワンコを飼っているみなさんにお聞きます!ワンコのしつけや、コミュニケーションの取り方で悩んだ事はありませんか?

今まで悩んだことのない方でも、ふと「このやり方で正しいのかな?」と思ったことはないですか?

 

言うことを聞かないわがままワンコに対して、体罰をあたえること無く、優しいワンコにしたくないですか?

今回はそんなワンコとの悩みについて教えてくれる「イヌバーシティ」をご紹介します。

とても評判されている素晴らしい教材です!

イヌバーシティとは?

きっとワンコを飼う時にイメージするのは、楽しく遊んだり戯れたり、散歩に行ったり優しいワンコを想像しますよね♪

一緒に住んで生活ををともにすることで、癒しを求める…そんな存在なワンコ(^^♪

 

でもまさか、こんなにもやんちゃで問題ばかり起こして、ワンコにこんなに振り回されるなんて…と思っている方も少なくないと思います!

そんな困った時はこの【イヌバーシティ】です!

 

【イヌバーシティ】では仔犬・成犬、さらにどんな犬種でも、あなたの愛犬の問題行動をすべて解決してくれる方法が揃っています!

DVDではなくて動画配信なので、スマホやパソコンからでも、いつでも好きなときに見られるのが魅力的です♪

イヌバーシティの「しつけ3大柱」とは?

犬の躾で大事なことは1つの問題行動をピンポイントで直そうとしないことです!

ピンポイントで直そうとしても効果がすぐになくなってしまったり、問題行動をさらに悪化させてしまう可能性があります!

 

その状況を取り除くためにはこの「しつけ3大柱」を理解して実践することがととえも大切です!

「しつけ3大柱」について見ていきましょう!

しつけ3大柱はこちら

主従関係 ~あなたのワンコを安心させ、効く姿勢を育てる~

コミュニケーション ~ワンコに人間との交流の仕方を教える~

社会化 ~過保護にならずワンコに豊富な経験をさせる~

 

日常生活でもよく耳にする言葉が並びますが、この3つは一体犬のしつけの世界ではどのような意味を指すのか、詳しく見ていきましょう!

 

イヌバーシティのしつけ方法が気になった方はこちらから♪

 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材

①主従関係 ~あなたのワンコを安心させ、効く姿勢を育てる~

主従関係と聞いて、主に従う?少し軍隊のような怖いものを想像する方もいるかもしれませんが、安心してください!

そのようなことは全くありません!

 

「主従関係」という言葉の意味は、その漢字のままで主となるリーダーがいて、それに従う者もいるということです!

そもそも犬は群れをなして生きていく生き物であり、必ずその中でリーダーにならなくてはならないのです。

 

それは我々人間の世界でも同じで、リーダーというものの存在が必要なのです!

ただ、人間と犬ではリーダーの決め方に違いがあります。

 

人間の場合:多数決・話し合い

犬の場合:堂々としているか・明確な指示がだせるか・群れのルールを統率できる力があるか・自分の要望を聞く存在で扱いやすいか

 

などの点でリーダーを判断します!

ここで多くの方に問題が発生するのです。

《信用度が下がる?》

「なにかくれ」「ドアを開けろ」と吠えた時に、「ごめんね今行くね」と、ワンコの思い通りに動いてしまったり、家具を気づ付けた時に「もー!なんてことするの!」とわめいたりしていると、あなたに対しての信用度が下がってしまいます。

 

その犬からしたら信用度が下がったことにより、「自分の思い通りに動く存在」「いつも支持がバラバラ」という判断をされ、「代わりに自分がリーダーになってこの家を守らないと…」と思ってしまうのです。

 

犬はリーダーになると必死にあなたのことを守ろうと頑張ってくれます。

「この人は何もできないから、代わりに俺が守ってやるんだ!」というような気持ちでいます。

 

ですが、それは愛犬からしてみると負担が多すぎて、大きなプレッシャーも抱えています。

そのストレスがより問題行動を悪化させる原因にもつながってしまいます。

《主従関係が崩れると?》

主従関係が崩れていると、「お前はいつもギャーギャー騒ぐ」「俺が守ってやらないと」と愛犬に思われてしまっているのです。

そしてそれを負担に思う愛犬は、“過剰な無駄吠え”や、“攻撃的な行動”をしてしまうことに…これはとても悲しいですね。

 

犬にはリーダーとなる、安心できる存在が欲しいのです!

犬は飼い主を選ぶことが出来ません…。

あなたが望んで飼った以上、あなたには愛犬を守る義務があります!

 

その義務を放棄してその代わりを愛犬が負担している状態です。

あなたがリーダーであるということを証明する方法、そして、愛犬に安心感を与えてあげる方法がこの「イヌバーシティー」に秘められています♪

②コミュニケーション ~ワンコに人間との交流の仕方を教える~

“コミュニケーション”と聞いて、ただ愛犬と触れ合うだけがコミュニケーションではありません。

ワンコは人間でいう3才児くらいの頭脳を持っていて、200もの人間の言葉を理解することが出来ます!

 

「待て」「おすわり」といった皆さんが想像している“犬のしつけ”は、この部分にあたるのではないでしょうか?

また、「トイレはここでしてね」「散歩中は隣を歩く」ということを覚えさせるのも“コミュニケーション”です♪

 

「言葉をたくさん教えてあげる」と同時にその言葉がどのような意味を持つのか、その言葉が発せられた時にどんな行動をとればいいのかを教えてあげるのが、犬と人間の“コミュニケーション”になるんですね!

 

③社会化 ~過保護にならずワンコに豊富な経験をさせる~

そして「しつけ3大柱」の3つ目は“社会化”です!

社会化と聞いてあまりピンとこないと思いますが、なかなか意識して実践している人が少ないのが現状…。

多くの人が後回しにしてしまっている項目だと思います。

 

“社会化”を一言でいうと「愛犬にいろいろな経験をさせること」です!

最近はいわゆる「過保護状態」のご家庭が多いのが現状で、「出来るようになってから連れて行こう」とか、「他の動物と触れ合わせるのはやめておこう」とか、「まだ早すぎる」など、外の世界を知ることが出来ないため、あなたの愛犬は「イヌ社会」や「家の外の世界」を知ることが出来ず、どんどん臆病になってしまいます。

 

社会化トレーニングをするタイミングは産まれて数か月ほどの仔犬が理想です!思ったより小さいうちから社会化トレーニングを初めても大丈夫です!

人やワンコがたくさん集まっているところに連れて行ったり、飼い主以外の人から触られたり、子供や他の動物と触れ合わせたりすることで、「この世界にはいろんな生き物がいて、面白いことがたくさんある」ということを学んで覚えていきます!

 

ワンコの中でもガクガク震えているワンコを見るととても可愛そうに思います。

これは飼い主さんが“社会化”に対しての知識が乏しいからこそ起きてしまったことで、結果として辛い思いをするのは愛犬なのです!

 

「触れ合いが大事」だからといって、ただ単に触れ合わせて危険な目に合わせてしまっては元も子もないです。

そうならない為にもしっかりと手順を学ぶ必要があります!

 

この「イヌバーシティー」では、社会化を始める際の注意点や、仔犬時期・成犬時期に合わせた社会化のトレーニング方法について紹介しています!

感想

いかがでしたでしょうか?DVDではなくて動画配信という新しい形のイヌのしつけ用教材「イヌバーシティー」!!

そのなかでも【しつけ3大柱】について詳しく見てきました♪

 

しつけと一言で言っても一歩間違えば体罰になってしまったり…結果悲しむのは愛犬のワンコです。

飼い主がしっかりと準備して、心得を中心として、愛情と規律でイヌの特性を活かしたしつけが可能となります。

 

さらに詳しくイヌバーシティについて知りたい方はこちらの記事も参考にしてください!

実際に購入した方の口コミや感想、イヌバーシティの買い方、しほ先生の詳しい情報等々、詳細に書かれています!

イヌバーシティ(いぬ大学)の評価と口コミ!本当にしつけは成功する?

 

『命を育てる』ということを学ぶための”投資”と考えても良いですね。

イヌバーシティで”愛犬のためにも”、”自分のためにも”正しいしつけを学びましょう!

 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 

 

登録は下のボタンをクリックして公式ページにて!

イヌバーシティで犬の悩みを解決する!